1. 新製品&ニュース
  2. 【新製品】驚くほど軽く引けて、分厚い封筒もピタッと貼れるテープのり「ピットエアー」

【新製品】驚くほど軽く引けて、分厚い封筒もピタッと貼れるテープのり「ピットエアー」

トンボ鉛筆は、驚くほど軽く引けるテープのりの新製品「ピットエアー」を2019年6月1日に発売する。価格は税抜400円、つめ替えテープは同300円。

従来のテープのりは、のり切れをよくするため、常に供給リールの回転に抵抗をかけ回転を重くしていたので、テープの引き出しが重かった。そこで「ピットエアー」では、テープ走行をコントロールする「エアータッチシステム」(特許取得済)をテープのりで初めて採用。最後まで驚くほど軽く引ことができる。

「エアータッチシステム」は、ヘッドを紙面に押し当てたり離したりする力を利用してテープ走行をコントロールする機構で、使用時は「走行」、未使用時は「停止」に切り替わる(下図参照)。これにより、テープを引き出す力は使い始め(残量16m時)で同社従来品比で60%軽く、使い終わり(残量2m時)で同40%軽くなった。この軽さは、他社の同種製品と比較しても最も軽量となっている。

テープのり2.jpg

のりはノートにプリントを貼るなどの平面接着力と、分厚い内容物の封筒のベロ(フラップ)を貼って長時間保持する曲面接着力の双方にすぐれた新配合のり(特許出願中)を採用。曲面接着力は同社従来品比で約5倍、他社の同種製品と比較しても最強となっている。ちなみに、湾曲した紙の反発力に耐える曲面接着性を強化したのは業界初。テープのりで封かんする信頼性を高めた。さらに、新開発の網目状の「パワーネットテープ」(下写真参照)を採用。強い粘着力と良好なのり切れを両立させた。

テープのり4.jpg
テープは幅8.4㎜×長さ16m巻で、本体デザインは1種類。このほか、発売から1年限定で5m巻のトライアル製品(3柄、税抜180円)を同時発売する。

テープのり3.jpg

左から16m巻・スタンダード、 数量限定5m巻・スタンダード/旅人柄/花園柄

【文具のとびら】が気に入ったらいいね!しよう