1. 新製品&ニュース
  2. 【新製品】0.28mm油性ボールペン「ジェットストリームエッジ」3色モデルが登場

【新製品】0.28mm油性ボールペン「ジェットストリームエッジ」3色モデルが登場

三菱鉛筆は、“クセになる、なめらかな書き味。”が好評の油性ボールペン「ジェットストリーム」シリーズから、超極細の書きやすさにこだわった、斬新な“エッジ”の効いたデザインの3色モデル「ジェットストリーム エッジ 3」(税抜2,500円/インク色: 黒・赤・青/ボール径:0.28mm)を2020年11月25日に新発売する。

『ジェットストリーム エッジ 3』を楽天でチェック

油性ボールペンカテゴリにおいて世界初のボール径0.28mm(2019年8月現在・同社調べ)を実現し、軸デザイン、ペン先構造、素材選定に至るまで全てのパーツにこだわり、その鋭い特徴を体現している「ジェットストリーム エッジ」の3色モデル。
軸色は(上写真左から)ブラック、ホワイトレッド、ツートンターコイズ、ツートンレッド(限定)、ネイビー(限定)の5色をラインアップしている。

2019年12月に発売された「ジェットストリーム エッジ」は、細書きに特化した新しいデザインや、油性ボールペンカテゴリにおいて世界初となる 0.28mm(2019年8月現在・同社調べ)の超極細ボール径などが好評を博し、年間販売目標を発売後5カ月で達成し、その後も順調に推移しているという。
今回は、とがった機能・デザインという“エッジらしさ”を備え操作性にもこだわった3色モデル「ジェットストリ ーム エッジ 3」をラインアップ。

2.jpg
最大の特徴は、新たな操作法・機構・形状を採用することで多色ボールペンながら単色軸のような筆記感の安定を実現していること。後端のダイヤルを回すことで3色のリフィルが回転し繰り出すことができる“スピロテック機構”を新たに開発し、常に使いたい色のリフィルを一定の場所から出すことができる。
同時に、新しいアシンメトリーな偏芯形状である“ポイントノーズ”形状をペン先に搭載することにより、本体軸に対しリフィルが常に真っすぐペン先に向かって出てくることを可能にした。

4.jpg
デザイン面でも見た目に新しいフォルムに仕上げるとともに、ボール径 0.28mmの描線が持つ鋭いイメージをスタイリッシュに表現している。
超極細でも3色インクを1本で使い分けたい人にぴったりの、“エッジ”らしい特徴をそのまま感じられる商品となっている。

3.jpg


【編集部からのお知らせ】
「文具のとびら」公式 楽天ROOMを運営しています。
文とびで紹介した文具を掲載していきます。ぜひご覧ください。

【文具のとびら】が気に入ったらいいね!しよう