1. 新製品&ニュース
  2. 【コレ買いました!】魅惑の色にウットリ!「#3776 センチュリー」万年筆の新色「ローレルグリーン」

【コレ買いました!】魅惑の色にウットリ!「#3776 センチュリー」万年筆の新色「ローレルグリーン」

北澤孝之(Bun2編集長)

昨年末に、「文具女子博」会場で、ゼブラ「サラサグランド」の限定色「グリーンブラック」を衝動買いしたという記事を書いた(記事はこちら)。

その記事の最後で、「最近、緑系の軸色のペンを見ると、どういうわけかつい欲しくなってしまうので、買いすぎないように気をつけねば」と書いたのだが、舌の根も乾かぬうちにまた緑色のペンを買ってしまった。しかも、金ペンの万年筆なので、出費はサラサグランドのほぼ10倍である。

2.jpg購入したのは、プラチナ万年筆の「#3776 センチュリー」の新色「ローレルグリーン」。深緑色の透明軸の万年筆である。発売のニュースを知ったときから気になっていたのだが、最近お店で実物を手に取る機会があり、その瞬間に購買モードのスイッチが入ってしまった。こうなったらもう仕方がない。緑軸恐るべしである。

この「ローレルグリーン」は、筆者に限らず大勢の人から注目を集めているようで、購入したお店で聞いてみたら、非常に人気が高いとのこと。同時に発売された「シュノンソーホワイト」と一緒に、ニブ(ペン先)違いで購入していくという、筆者とはスケールの違う買い方をしていく人もいるそうだ。

3.jpg
4.jpgそれにしても、光の加減では黒にも見えるこの緑色の深い色合いは実に魅力的だ。しかも、透明ボディなので光に透かして見ればまたきれいなのだ。

そして、緑と金色の金具の組み合わせも、クラシカルな雰囲気が濃厚で、眺めているうちに息が詰まりそうな感じがする。ペン先は14 金の大型ペン先で、キャップのリングはロゴが立体的に浮かび上がるような仕上げを施している。


5.jpg
あと、特筆すべきは、インクがドライアップしないプラチナ独自の「スリップシール機構」を搭載していること。2年間もインクの乾燥を防ぐというのだからすごい。この機構は「プレピー」などの低価格品にも採用されており、その効果のほどは実感している。

一通り眺め回したので、後はインクを入れて書き味を楽しみたいと思う。さて、この万年筆に相応しいインクは何だろう?

その辺りの話は、また明日お伝えします。

『#3776 センチュリー ローレルグリーン』をAmazonでチェック

【文具のとびら】が気に入ったらいいね!しよう