1. 新製品&ニュース
  2. 【新製品】操作性を高めた「テプラ」のオフィス向けエントリーモデル

【新製品】操作性を高めた「テプラ」のオフィス向けエントリーモデル

キングジムは、ラベルライター「テプラ」PROシリーズに、オフィス向けのエントリーモデルとなるラベルライター「テプラ」PRO SR370を追加、2018年10月29日(月)から発売する。税抜1万4800円。初年度販売目標数は7万台。

ラベルライター「テプラ」は、1988年に国内初の漢字変換が可能なコンパクトなラベル作成機として開発され、現在も日本語ラベルライターの国内シェアトップのブランドとして、ラベルライターの代名詞として定着。今年で30周年を迎え、これまでのシリーズ累計販売台数が1000万台を突破するなど、トップブランドとして衰えることのない人気を誇っている。

今回発売する「テプラ」PRO SR370は、本体色にネイビーを採用したオフィス向けエントリーモデル。8文字×4行の大きな液晶とゆとりあるキーピッチで操作性を高めたほか、ユーザーから要望の多かった「連続印刷機能」や「デザインフォーム」を搭載したのが特徴。

また、書体は従来機種から「てがき」「丸ゴシック」「えれん」「PL体」を追加。漢字3書体・かな5書体・英数5書体を搭載し、デザイン性の高いラベルを作成できる。

【文具のとびら】が気に入ったらいいね!しよう