1. 新製品&ニュース
  2. 【ニュース】「第21回手帳大賞」の大賞は「人数もおかずのうちだね。」に決定!

【ニュース】「第21回手帳大賞」の大賞は「人数もおかずのうちだね。」に決定!

千葉 勇

高橋書店が主催する「第21回手帳大賞」発表表彰式が、2017年10月11日に東京・帝国ホテルで開催された。今年の「名言・格言部門」の大賞は、浅沼元子さんの作品「人数もおかずのうちだね。」が受賞し、賞金50万円と副賞(モンブランの万年筆、帝国ホテル宿泊券)が贈られた。

手帳大賞は、「名言・格言部門」と「商品企画部門」の2つからなる「コトバとアイデア」のアワード。21回目を迎えた今回も全国から「名言・格言部門」に1万7175通、「商品企画部門」に1025通、合計1万8200通もの応募があった。その中から審査員のコラムニスト・泉麻人さん、作家・椎名誠さん、俳人・黛まどかさんが各賞を下記のとおり選定。表彰式では、各賞受賞者に賞金と副賞が贈呈され、審査員、高橋書店の高橋秀雄社長、東宏志取締役、山中興記部長とともに記念撮影(上写真)を行った。

「名言・格言部門」の大賞に輝いた浅沼さんは、「ひとりで暮らしている82歳の母が、誕生日に息子・娘家族7人で集まって食事をした際、ふと口にした言葉です。大勢でいただく食事は、どんなごちそうよりも心の栄養になるのかもしれません」と作品の背景を述べた。

また、「商品企画部門」の優秀賞は、谷口和信さんの作品「PDCA手帳」が受賞した。仕事の進め方の基本と言われる「PDCAサイクル」を、1冊の手帳でわかりやすく管理できるように工夫した点が評価され、選出された。


『名言・格言部門』
大賞「人数もおかずのうちだね。」浅沼元子さん(北海道)
審査員賞(泉麻人賞)「電池の切れ目が縁の切れ目」鈴木啓公さん(東京都)
審査員賞(椎名誠賞)「ぼくは、あさがおをきびしくそだてる!」藤瀬あづちさん(千葉県)
審査員賞(黛まどか賞)「大きな仕事も小さなメモから」川野智弘さん(埼玉県)
優秀賞「夫婦仲が良いのは耳が遠いおかげ」小野寺貴美子さん(兵庫県)
優秀賞「言葉発電」高橋拓矢さん(静岡県)

『商品企画部門』
優秀賞「PDCA手帳」谷口和信さん(神奈川県)

【文具のとびら】が気に入ったらいいね!しよう